--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.30

内定取り消し

内定取り消し トモノ社労士事務所 www.tomono-sr.com/

そろそろ確定申告の準備にバタバタしそうな、社労士のトモノです。

さて今回はしずまっちとのコラボ企画第四弾、テーマは「内定取り消し」です。ん~かなりヘビー!!

そもそも企業は内定取り消しができるのでしょうか?できるとしたらどんな場合なのでしょうか?

ではまずおさらいからです。
そもそも内定って法的になんでしたっけ?(前々回取り上げましたよね)
そう、内定とは法的に「労働契約」のことでしたよね。

ただし!実はこの労働契約は、合理的とみられる取り消し条件が生じた場合は、企業から解約できる契約でもあるとされています。
ですから内定の取り消しとは、労働契約を解約することです。
勘の良い方はピンときたと思いますが、それって解雇することと同じなんですね。

大事なところなので繰り返します。「内定取り消し=解雇」なんです。

解雇はそう簡単にはできません。
解雇が成立するには「客観的に合理的な理由」が必要です。
どんな場合かと言いますと…
①学校を卒業できない場合
②履歴書やその他提出書類、または面接選考における虚偽の事実(ただし採否にかかわる重大な事項)が明らかとなった場合
③就業に適さない程度の心身の障害がある場合
④従業員としての適格性を欠く場合
 など

業績不振による内定の取り消しは、無効となる可能性が高いでしょう。内定取り消しによる犠牲が大きいためです。
ちなみに内定取り消しには、企業からの解雇予告手続き(30日前までに予告すること)は不要です。
当然、就活生だけではなく中途採用者にも適用されます。

くどいですが、内定の取り消しは解雇であり簡単にはできないということをまず肝に銘じましょう。
そして、まさにこれから社会に船出しようとする就活生への影響、更に今後の企業イメージをよ~く考えることです。

ではまた来週!
スポンサーサイト
Posted at 22:48 | 労働契約 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。