--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.15

無期労働契約への転換

無期労働契約への転換 トモノ社労士事務所 www.tomono-sr.com/

ウエストについた肉を落とすため、最近は連日スポーツジムに通っている、社労士のトモノです。

今回は「無期労働契約への転換」です。
これは来年(平成25年)4月に「労働契約法」が一部変更となるのですが、それに伴う新たなルールです。
重要な内容ですので、先取りしてお伝えしますよ!

その新ルールとは、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えた場合、労働者の申し込みにより、期間の定めのない無期労働契約に転換されるというものです。
ただし正社員にしなくてはいけない、というものではありません。(契約期間以外の労働条件は従来のままでも差し支えない)

パートやアルバイト、契約社員、嘱託など、有期労働契約で働く全ての人が対象となります。
派遣社員も対象となりますが、あくまでも派遣元(派遣会社)との契約が対象です。
また通算期間のカウントは、あくまでも平成25年4月1日以降に開始する有期労働契約が対象です。

では、労働者はいつ無期転換の申し込みができるのでしょうか。
それは下図を参照にしてください。
厚労省パンフ1①
厚労省パンフ1②
厚労省パンフ1③

また通算契約期間に含めない「クーリング期間」というものがあります。
これも下図を参考にしてくださいね。
厚労省パンフ2①
厚労省パンフ2②

そもそもこの新ルールは、有期労働契約の濫用を抑制し労働者の雇用の安定を図ることを目的としています。
一方、企業の今後の対応として、契約期間が5年を超える手前で雇止めすること(契約更新しないこと)が予想されますよね。
本当に労働者の雇用の安定につながるかは疑問ですが、これは法律と実務とのイタチごっこでやむを得ないところです。

企業としては、これを機に非正規労働者の雇用を見直すいい機会かもしれませんね。(例えば正社員登用制度を設けて、優秀な非正規労働者を正社員にするとか)

ということで今回は重要な法改正でした。
ではまた!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。